SamMobileは28日(現地時間)、「Galaxy S8」シリーズには、専用アクセサリーとしてスタイラスペンが用意される見込みと伝えています。

SamMobileによると、韓国サムスンはGalaxy S8の試作機を数多く作成する中で、Galaxy Noteシリーズのように本体にスタイラスペンを搭載可能なモデルについても検討を重ねたものの、最終的にスタイラスペンを専用アクセサリとして別売することを決定したとのことです。

また先日には、Galaxy S8シリーズに「Galaxy S8 Plus」と呼ばれる6.0インチディスプレイを採用するファブレットモデルが用意される見込みとも報じられましたが(過去記事)、仮に今回の情報と併せてどちらも事実であるとするならば、販売停止に追い込まれた「Galaxy Note7」の開けた “穴” を埋める製品となり得ると期待されます。

一方で、この専用スタイラスペンについては、販売価格や機能性など一切の情報は判明していません。

なお、Galaxy Noteシリーズの存亡については、2017年に「Galaxy Note8」が登場するとも、Galaxy Note7こそがシリーズ最後の製品になるとも噂されていますが、いずれにせよGalaxy S8 Plusの販売台数は、サムスンの意志決定に少なからず影響を及ぼすこととなりそうです。

[Weibo via SamMobile]