NPUは21日(現地時間)、GFXBenchベンチマークのデータベース上に、ノキア製の18.4インチAndroidタブレットのデータが発見されたことを伝えています。

データ内の内蔵GPUの項目に、「Adreno 540」という型番が明記されていることから、詳細不詳のSoCの正体は「Snapdragon 835」であることが確定。未発表のノキア製18.4インチタブレットは、フラッグシップモデルとして開発されている模様です。

また今回、ディスプレイのパネル解像度はWQHD(2560×1440)となるほか、OSに「Android 7.0 Nougat」、4GBのRAMおよび64GBのストレージを搭載し、メインおよびフロントカメラにはともに1200万画素のイメージセンサーを採用していることが判明しました。

なお、このタブレットは、フィンランドのHMD GlobalとともにノキアブランドのAndroid端末を開発および製造する企業として知られている中国FIH Mobileによって製造されるとのこと。

発表時期に関する情報は一切リークされていませんが、世界的に注目度の高いMWC 2017での発表に期待したいところです。

[NPU]