世界的な情報筋として有名なエヴァン・ブラス氏は4日(現地時間)、台湾HTCが「HTC One X9」の後継機種として「HTC One X10」を近日中に発表する見通しと伝えています。

ブラス氏によると、HTC One X10はHTC One X9のマイナーチェンジモデルとなり、RAMおよびストレージ容量は3GBと32GBの組み合わせのままであり、ディスプレイについてもフルHD(1920×1080)解像度の5.5インチパネルが引き続き搭載されるなど、多くの点において両者の仕様は共通しているとのこと。

一方で、メインおよびフロントカメラにはそれぞれ1630万画素と790万画素のイメージセンサーが採用されるなど、カメラ性能については強化される模様。

しかしながら、SoCについては「Helio P10(MT6755V/C)」が採用されており、HTC One X9に搭載されていた「Helio X10(MT6795)」と比べると、その処理性能についてはややグレードダウンする見込みとされています。

発表イベントのティザー画像

なお、直近の情報によると、2017年第1四半期中にはHTC One X10に加え、「HTC 10」の後継機種となる「HTC Ocean」、その兄弟モデル「HTC Ocean Note」の計3機種が登場する見込みとのこと。既に、今月12日にはHTCの新製品発表イベントも予定されています。

また、次世代フラッグシップモデルは「HTC U」シリーズとして登場するとも噂されており(過去記事)、先日公開されたイベントのティザー画像に大きく描かれた「U」の文字は、噂のUシリーズの登場を予期させます。続報に要注目です。

[Twitter via VentureBeat]