任天堂は18日(日本時間)、スマートフォン向けアクションゲーム『スーパーマリオラン』を、2017年3月中にAndroid OSプラットフォームにおいても配信を開始することを発表しました。

昨年12月下旬の配信開始から、わずか4日間で4000万件のダウンロードを達成し、App Store史上最速記録を塗り替えることに成功したスーパーマリオランですが(過去記事)、ついに今年3月よりAndroidスマートフォン上でもプレイ可能になるとのことです。

なお先日、任天堂の君島達己社長は、iOS版アプリのみで1億ダウンロードの大台を突破することが可能との見通しを示しました(過去記事)。

しかしながら、Android OSの方がiOSよりもプラットフォームの母数は大きいため、一度Android版アプリの配信が開始されれば、累計ダウンロード件数はうなぎ登りに増加していくことが予想されます。

一方で、スーパーマリオランの有料購入者の割合は、全ダウンロード者のわずか8%程度に過ぎない模様。将来的なコンテンツ追加は行われない予定であることも公式に発表されており(過去記事)、ゲームアプリとしての “寿命” はあまり長くはなさそうです。

[Twitter via Phone Arena]