AppleInsiderは1日(現地時間)、米アップルの最新Bluetoothイヤホン「AirPods」に、最新ファームウェアアップデートの提供が開始されたことを伝えています。

AppleInsiderがアップルの担当者に確認をとったところ、今回のファームウェアアップデートでは、“miscellaneous minor bug fixes(雑多かつ些細な不具合の修正)” が行なわれたとのことですが、その詳細については一切の情報が明らかにされませんでした。

早急な修正が望まれているAirPods関連の不具合と言えば、通話中にiPhoneとの接続が突然途切れてしまう現象や、異常な速度でバッテリーケースの充電が消費されてしまう現象(過去記事)などが挙げられますが、これらが “些細な不具合” に該当するかは分かりません。

なお、最新ファームウェアのビルド番号は「3.5.1」。AirPodsをiPhoneと接続した状態でバッテリーケースに収納することで、自動的にアップデートが開始されます。

[AppleInsider]