Phone Arenaは20日(現地時間)、米グーグル幹部のヒロシ・ロックハイマー氏によって、次期バージョンのAndroid OSの正式名称が「Oreo(オレオ)」となる可能性が示唆されたことを伝えています。

Phone Arenaによると、ロックハイマー氏は今回、自身のTwitterアカウント上に、オレオを使用して作られたケーキのGIF画像を公開したとのことです。

今年5月の開催が予告されているGoogle I/O 2017においては、次期バージョンのAndroid OS「Android O」が発表される見通しですが、Oreo(オレオ)はその正式名称の最右翼の1つと目されているだけに、同氏が今回見せた行動の真意については思わず色々と勘繰りたくなってしまいます。

また、同氏はつい先日にも、「#2018」という意味深長なフレーズとともに「Pocky(ポッキー)」の画像を投稿しました。

何の捻りもなく解釈するならば、2018年に発表されるであろう「Android P」の正式名称がポッキーとなることを示唆しているということなのでしょうが、さすがに次々期OSの名称が既に決定されているとは考え難く、おそらくは同氏のユーモアのささやかな発露であると推察されます。

なお、Google I/O 2017は、米国時間2017年5月17日から19日にかけて、カリフォルニア州マウンテンビューにおいて開催される予定です。

[Twitter[1][2]Reddit via Phone Arena]