Android Policeは3日(現地時間)、米グーグルが近日中にも、新型端末に対する「Google Nowランチャー」アプリの提供を中止する見通しと伝えています。

Android Policeによると、グーグルは今回、2017年3月1日より、「Google Mobile Service(GSM)」の標準パッケージからGoogle Nowランチャーを除外することを通達するメッセージを、GMSを利用するパートナー企業に対して送付したとのことです。

これにより、同日以降、Google Nowランチャーをプリインストールした新型端末は一切グーグルから認可されなくなりますが、既存の端末においては引き続き利用することが可能とされています。

また今回、その前段階として、2017年第1四半期中にはGoogle Playストアから同アプリが削除される予定であることも明らかにされました。

グーグルからGMSパートナーに対して送付されたメール

一方で、アプリ自体のアップデートも継続して実施されるものの、あくまでも不具合の修正やセキュリティ問題の修繕などが大部分を占めるものと予測され、メジャーアップデートのような大きな変化は望めなそうです。

なお、現時点では、Google Nowランチャーの代替となる “何か” が標準の選択肢として与えられることになるかどうかは不明。「Pixel」シリーズに実装された「Pixelランチャー」は、その有力候補の1つであると言えますが、現時点では確かなことは何一つとして分かりません。続報に要注目です。

[Android Police]