Neowinは17日(現地時間)、フランスの家電メーカーArchosによって、世界屈指の写真用品メーカーである米コダックのブランドを冠するタブレット端末が発売される予定と伝えています。

先日、両社はタブレット端末のライセンス供与に関するパートナーシップの形成に至ったことを発表しましたが、今回新たに、その計画についてさらなる詳細が語られることとなりました。

コダックによると、欧州市場のタブレット市場において同社ブランドを普及させるべく、今回新たにArchosをパートナー企業として選定したとのこと。Archosは欧州各国において強い影響力を持つ企業であるほか、タブレット端末の分野においても十分な実績を有していることから、白羽の矢が立てられた模様です。

また、この新型タブレットは、3G通信機能と800万画素のメインカメラを備えており、クリエイティブな機能を有した “静止画および動画撮影の愛好家” 向けの端末として今夏中にも発売されることが、既に明らかにされています。

なお、コダックが一昨年のCES 2015にて発表した「Kodak IM5」は、大方の期待に反してカメラ性能ではなく取り回しの良さに注力した端末となりましたが(過去記事)、どうやら新たに発表される端末は、より “コダック” らしい製品に仕上げられることとなりそうです。

[Neowin]