韓国LGは20日(現地時間)、同社が今月末の発表を予告している「LG G6」について、搭載されているカメラの仕様についてさらなる詳細を明らかにしました。

新たにLGが明らかにしたところによると、LG G6の背面部には2基の1300万画素イメージセンサーから成るデュアルカメラが搭載されており、標準的な人間の視野角に相当する125°相当の広角撮影を可能にしているとのことです。

また今回、さらに進化した「自撮りモード」も実装されており、新たに採用された100°の広角撮影を実現する光学レンズの恩恵も相まって、より優れた自撮り性能を実現していることも明らかにされました。

そのほか、アスペクト比1:1の正方形写真を撮影できる「スクウェアカメラ」機能や、搭載される「Full Vision」ディスプレイを最大限に活かすアスペクト比18:9(2:1)の写真を撮影できるモード、全周囲撮影を可能にする「360パノラマモード」や食品撮影に最適化された「フードモード」等、様々な撮影機能が追加される模様。

なお、LG G6は、今月26日にスペインのバルセロナにて正式に発表される予定です。

[LG via The Verge]