韓国LGは8日(現地時間)、世界で初めて「Android Wear 2.0」搭載スマートウォッチとして、「LG Watch Sport」および「LG Watch Style」を発表しました。

米グーグルは現地時間8日、スマートウォッチ向け最新版OSとなるAndroid Waar 2.0を搭載している点を最大の特徴としている両機種ですが、どちらも共通して同社製のバーチャルアシスタント「Google Assistant」を搭載しています。

また、LG Watch Sportは、機能性や性能、耐久性などを重視したハイエンドモデルであるのに対し、LG Watch Styleは、デザイン性やファッション性に注力した端末であるとのことです。

以下は、両端末の主なスペックと特徴。

LG Watch Sport

OS Android Wear 2.0
ディスプレイ 1.38インチ 真円形(480×480)P-OLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 1.1GHz駆動 Snapdragon Wear 2100
RAM 768MB
ストレージ 4GB
ネットワーク 4G LTE
ワイヤレス Wi-Fi
Blutooth
NFC
バッテリー 430mAh

センサー

加速度計
ジャイロスコープ
心拍センサー(PPG)
気圧計
周辺光センサー
カラーバリエーション チタニウム / ダークブルー(※Googleストア専売)
その他 防塵防水機能(IP68相当)
GPS機能
ワイヤレス充電機能
外形寸法 45.4(W) × 51.21(D) × 14.2(H) mm

LG Watch Styleのバンド部が交換可能な構造を採用しているのに対し、LG Watch Sportのバンド部は着脱不可能な構造となっています。

その代わり、心拍センサーやNFC通信機能、GPS機能など、LG Watch Styleにはない機能が幾つも実装。防塵防水性能についても、IP規格上最高のIP68相当を実現しました。

また、NFC機能を利用して「Android Pay」による決済を行うことが可能なほか、4G LTEによるセルラー通信にも対応しているため、完全なスタンドアロン型の端末として、端末単独での電話の発着信なども可能となります。

LG Watch Style

OS Android Wear 2.0
ディスプレイ 1.2インチ 真円形(360×360)P-OLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 1.1GHz駆動 Snapdragon Wear 2100
RAM 512MB
ストレージ 4GB
ネットワーク 非対応
ワイヤレス Wi-Fi
Blutooth
バッテリー 240mAh

センサー

加速度計
ジャイロスコープ
周辺光センサー
カラーバリエーション シルバー / チタニウム / ローズゴールド
その他 防塵防水機能(IP67相当)
ワイヤレス充電機能
外形寸法 42.3(W) × 45.7(D) × 10.79(H) mm

そのほか、両機種ともに端末側面部にはクラウン(竜頭)型の物理コントローラーが搭載されており、LG Watch Styleでは、メニューのスクロールやアプリランチャーの呼び出しに加え、Google Assistantを起動できるとのこと。

一方で、LG Watch Sportにおいては、物理コントローラーは3つ搭載されており、上述の操作に加え、「Google Fit」アプリへのアクセスや、Android Payの操作を行うことが可能になることが明らかにされています。

なお、LG Watch SportとLG Watch Styleは、ともに米国では今月10日に発売され、前者は249ドル(約)、後者は349ドル(約)にて販売される予定。

英国、韓国、台湾、カナダ、ロシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦および南アフリカにおいても、数週間以内に販売が開始されるとのことです。

[Android Police / Phone Arena]