DigiTimesは24日(現地時間)、10.5インチおよび12.9インチディスプレイを搭載する次世代「iPad Pro」シリーズは、2017年5月中まで発売されない見込みと報じています。

現在、低価格さを売りにした9.7インチモデル、フラッグシップの座を引き継ぐ12.9インチモデル、そしてその間を埋める10.5インチモデルという計3機種の新型iPadシリーズが、2017年内に発売されるとの見方が有力視されており、多くの関連する情報がリークされてきました。

そして今回、新たにDigiTimesが台湾サプライチェーン筋を通じて入手した情報によると、上述した3機種のうち10.5インチおよび12.9インチモデルについては、2017年5月から6月にかけて発売される見込みとのことです。

「両機種は2017年下半期中に登場する」と伝えていた直近の情報からすると(過去記事)、数ヶ月ほど発売が前倒しされた形となりますが、当初の情報では、2017年3月中の登場が伝えられていたことを思うと、あまり素直には喜べません。

なお、両機種は、ともに最新の「10nm FinFET」プロセスで製造された「A10X」プロセッサを搭載する高性能機となる一方で、新型9.7インチモデルは、「iPhone 6s」世代のSoCとなる「A9」プロセッサを搭載し、2017年第1四半期中に発表される見込みです(過去記事)。

[DigiTimes via Phone Arena]