韓国サムスンは17日(現地時間)、スマートフォン向けSoCの次世代シリーズについて、近日中の登場を予告するティザー画像を新たに公開しました。

残念ながら今回、Twitter上に公開されたティザー画像から具体的なスペックを読み解くことはできませんでしたが、その名称は「Exynos 9」シリーズとなる可能性が強く示唆される形となりました。

なお、「Galaxy S7」シリーズにも採用されている「Exynos 8 Octa 8890」は、「Exynos M1(Mongoose)」と呼ばれる独自開発のCPUコアと既存の「Cortex-A53」コアや、「Mali-T880 MP12」GPUコアなどから構成されるオクタコアSoCとなります。

また、Exynos 9シリーズの詳細については判明していませんが、Exynos M1の後継モデルやMali-T880の後継シリーズ「Mali-G71」などの採用が期待されるほか、製造には最新の「10nm FinFET」プロセスが用いられる見通し。

ティザー画像に記載されている “coming soon(間もなく登場)” の文言からも、米クアルコムの「Snapdragon 835」とともに「Galaxy S8」シリーズに搭載されると見て間違いなさそうです。

[Twitter via Phone Arena]