Telefoon Abonnementは5日(現地時間)、「Galaxy S8」と見られる韓国サムスン製端末のデータが、新たにGeekbenchベンチマークのデータベース上に確認されたことを伝えています。

新たに発見された「SM-G950U」のデータ

新たにデータが発見された端末の型番は、「SM-G950U」。「Android 7.0 Nougat」と「MSM8998(Snapdragon 835)」、4GBのRAMを搭載するサムスン製の端末であることが明記されています。

一方で先日には、同データベースを通じて「SM-G955U」という端末の情報も判明しており、こちらについては「Galaxy S8+」として発表される見込みとのことです(過去記事)。

先日発見された「SM-G955U」のデータ

そのほか、少なくとも確認できる範囲において、両機種は完全に同一仕様となっている模様。ベンチマークスコアについても、誤差と断じられるほどの違いしか見られません。

なお、Galaxy S8シリーズには、先日発表された「Exynos 9 Series 8895」(過去記事)を搭載するモデルも用意される見込みですが、現時点においてその性能は完全に未知数となっており、続報に期待したいところです。

[Geekbench[1][2] via Telefoon Abonnement via Phone Arena]