The Wall Street Journalは28日(現地時間)、「iPhone 8」においては、Lightningポートが廃止され、代わりに「USB Type-C」ポートが採用される見込みと報じています。

今回の情報は、The Wall Street Journalが独自に繋がる情報筋から得た情報とのこと。また今回、iPhone 8には、ディスプレイの両側辺が湾曲した構造を持つ大型の有機ELディスプレイが採用され、物理ホームボタンは廃止される見込みとも伝えられています。

上述の情報はすべてこれまでに何度も噂に上ってきた情報ばかりですが、今回改めて、The Wall Street Journalによって、その信憑性が強調される形となりました。

なお、以前には、iPhone 8には5.8インチの曲面有機ELディスプレイが採用され、物理ホームボタンが配置されていた場所には、「Function area」と呼ばれる新たなタッチスクリーンが搭載される可能性が報じられています。Function areaは、新型「MacBook Pro」シリーズにおける「Touch Bar」のような役割を果たす模様。

さておき、本当に米アップルがLightningポートとの “決別” の意志を固めたのかどうかは定かではありませんが、仮に実現した場合には、各サードパーティはもちろん、一般消費者側にも大なり小なり負担がかかることとなりそうです。

[The Wall Street Journal via 9to5Mac]