Polygonは2日(現地時間)、『ポケモンGO』アプリのゲームディレクターを務める野村達雄氏が、「ポケモン交換」機能の詳細について、新たな情報を公開したことを伝えています。

ポケモン交換機能については、ポケモンGOアプリが初めてリリースされた時からずっと実装が望まれ続けてきており、インターネット通信を介して、世界中のユーザーと手持ちのポケモンを交換できるようになることが期待されていました。

しかしながら今回、野村氏が新たに明かしたところによると、ポケモン交換機能は、インターネット通信を介して行われるものとはならず、近距離に位置するユーザー間においてのみトレード可能になるとのことです。

また、具体的な交換方法などについては「ゲームを “殺して” しまわないような方法を模索中」とだけ語り、その詳細については明らかにされませんでした。

なお、同機能は、年内に実装される予定です。

[Polygon via Phone Arena]