CrackBerryは1日(現地時間)、インドネシア国内において、「BlackBerry Aurora」という名称の未発表スマートフォンについて、先行予約の受注が開始されていることを伝えています。

Lazada上に公開されていた「BlackBerry Aurora」の画像

CrackBerryによると、今回新たに先行予約の受注が開始されたのはインドネシア国内のオンラインストアLazada上においてであり、製品ページには、端末の型番と見られる「C100-1」という単語の表記も確認されました。

また、数日前には、「BBC100-1」という型番の未発表BlackBerry製スマートフォンの実機画像がリークされていますが(過去記事)、少なくとも正面部のデザインについて言えば、Lazada上に公開されているBlackBerry Auroraの姿と酷似しているように見受けられます。

先日リークされた「BBC100-1」の実機画像

そして、BBC100-1とC100-1という表記の間に見られる関連性からも、両機種は同一端末であると結論付けて良さそうです。

なお、BlackBerry Auroraは、3色のカラーバリエーションモデルとともに、同国内では349万インドネシアルピア(約3万円)にて販売される模様。スペックについては、「Snapdragon 425」などを搭載するミットレンジモデルになる見込みと伝えられています。

[Lazadaelevenia via CrackBerry]