MyDrivesは4日(現地時間)、中国Xiaomiの6.4インチファブレット「Mi MIX」の後継モデルは、93%という画面占有率を実現する見込みと伝えています。

Mi MIXは、91.3%という驚異的な画面占有率を最大の特徴する高性能ファブレットとして発表され、世界的に大きな注目を集めましたが(過去記事)、その後有志が計算し直したところ、実際の画面占有率は84.16%であったことが判明しました。

今回新たにMyDriversが伝えるところによると、その後継モデル「Mi MIX 2」においてはさらなるベゼルレス化が推し進められ、画面占有率は93%に達する見込みとのことです。

ただし、同社にはMi MIXで築き上げた “実績” があるため、仮にこの数字が正確なものであったとしても、そのまま鵜呑みにするのは避けた方が良いものと思われます。

とは言うものの、少なくともMi MIXを上回るベゼルレス化が実現する可能性は濃厚であり、その意味においては大いに期待したいところです。

[MyDrivers via Phone Arena]