The Investorは13日(現地時間)、「Galaxy S8」シリーズにおいて背面部に指紋認証センサーが搭載された理由について、業界筋を通じて新たな情報を手に入れたことを報じています。

業界筋がThe Investorに語ったところによると、韓国サムスンは当初、Galaxy S8シリーズに「オンスクリーン指紋認証」機能の実装を計画していたものの、製品の開発に技術の開発が間に合わなかったため、土壇場になって計画を変更したとのこと。

同シリーズの大きな特徴の1つであるベゼルレスデザインも、このオンスクリーン指紋認証技術を前提にしたものであり、正面部には物理ホームボタンを再配置するスペースが不足していたため、背面部のメインカメラ真横という位置が指紋認証センサーの配置場所として選定された模様です。

なお今回、この新世代の指紋認証技術は、米アップルも「iPhone 8」において導入する見通しですが、とある韓国国内のディスプレイメーカーは、「正面部全体がディスプレイで覆われるタイプのスマートフォンに同技術を実装するのは、現時点では技術的に実現が難しい」ことを指摘。

既に米Synapticsや韓国CrucialTec、中国Goodixなどが、オンスクリーン指紋認証向けの指紋認証センサーの開発に取り組んでいることも報じられていますが、いずれもその次世代センサーを搭載する製品の登場するタイミングについて、明確な時期を示してはいません。

オンスクリーン指紋認証機能の実装に成功し、“スマートフォンとして世界初” の称号を手にするのは、はたしてどの企業なのでしょうか。

[The Investor via SlashGear via Phone Arena]