Galaxy Clubは3日(現地時間)、米国特許商標局(USPTO)のデータベース上に、新たに韓国サムスンによって出願された「Infinity Display」という登録商標が確認されたことを伝えています。

新たに登録された商標の用途については不明ですが、今月末に発表される見通しの「Galaxy S8」シリーズに搭載される新型ディスプレイの名称に使用されるとの見方が有力です。

また、Galaxy S8シリーズのディスプレイは、「Galaxy S6」および「Galaxy S7」シリーズに採用されてきた「デュアルエッジスクリーン」の特徴をそのままに、上下ベゼルについても大幅な狭額化を達成していることが、過去にリークされてきた画像や図面によって明らかにされています。

先日リークされた「Galaxy S8」の実機画像

なお、米DELLの人気ノートPC「XPS」シリーズにおいても、上下左右わずか数mmしかベゼルが存在しない構造のディスプレイが採用されていますが、その名称もInfinity Displayとなります。

実際のところは不明ですが、おそらくは今月29日に、Galaxy S8シリーズの詳細な仕様と併せてその全容が解明されるはずです。

[USPTO via Galaxy Club via SamMobile]