ソニーは20日(現地時間)、新型ローエンドスマートフォン「Xperia L1」を発表しました。

今回新たに発表されたXperia L1は、一部の新興成長市場向けの低価格端末となりますが、その筐体については、“ループ形状” とソニーが称する「Xperia XZ」シリーズと同様のデザインが採用されています。

以下は、Xperia L1の主なスペック。

OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ HD(1280×720)IPS液晶ディスプレイ
SoC MediaTek 1.4GHz駆動 64-bit クアッドコア MT6737T
RAM 2GB
ストレージ 16GB eMMC
メインカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE 
ワイヤレス Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
NFC
バッテリー 2,620mAh
その他 microSDカードスロット(最大256GB)
デュアルSIM機能
USB Type-C 1.0 ポート
外形寸法 151(W)× 74(D)× 8.7(H) mm
本体重量 180g

Xperia L1は、中東諸国を含む一部市場において、近日中にも発売される予定とのこと。カラーバリエーションにはブラック、ホワイトおよびピンクの3色が用意されました。

なお、Xperia L1が国内で発売される可能性はほぼ皆無であると思われますが、先月のMWC 2017において発表された「Xperia XZs」や「Xperia XA1」、「Xperia XA1 Ultra」も、来月より世界各国において順次販売が開始される見通しです。

[Xperia Blog / Sony]