MWC 2017を主催するGSMAは2日(現地時間)、先日発表されたソニーの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ Premium」が、同イベントのスマートフォン部門における「最優秀賞」を受賞したこと発表しました。

Xperia XZ Premiumは、世界で初めて4K HDRディスプレイを搭載したスマートフォンであり、最大960fpsという超スローモーション映像の撮影を可能にした「Motion Eye」カメラを、新たに搭載したことでも大きな注目を集めました(過去記事)。

また、「Snapdragon 835」や4GBのRAM、64GBのUFSストレージなどを搭載しており、まさに “2017年水準のフラッグシップモデル” に仕上げられています。

なお、既にヒットの予感が色濃く漂うXperia XZ Premiumは、今夏までに発売される見通し。国内発売の発表にも大いに期待したいところです。

[GSMA via Phone Arena]