ASUS JAPAN株式会社は13日(日本時間)、米グーグルの提供するARプラットフォーム「Tango」、およびVRプラットフォーム「Daydream」の両方に対応する世界初のSIMフリースマートフォン「ZenFone AR」を、今夏中に国内でも発売することを発表しました。

ZenFone ARは、今年1月に開催されたCES 2017において既に発表されていましたが(過去記事)、ついに今回、国内発売が発表される形となりました。

ZenFone ARには、ソニー製の2300万画素イメージセンサー、深度センサーおよびモーショントラッキング用センサーから成る特殊なカメラモジュールが搭載されており、Tangoを通じたリアルタイムな空間認識を可能にしています。

また、DayDreamプラットフォームにも対応しているため、AR(オーグメンテッドリアリティ)とVR(ヴァーチャルリアリティ)という2つの最新トレンドに完璧に対応。

OS Zen UI 3.0(※Android 7.0 Nougat)
ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)Super AMOLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 2.35GHz駆動 64-bit クアッドコア Snapdragon 821
RAM 6 / 8GB LPDDR4メモリ
ストレージ 32 / 64 / 128 / 256GB UFS 2.0メモリ
メインカメラ 約2,300万画素(4軸OIS / 3倍光学ズーム / レーザーAF)
深度センサー
モーショントラッキングセンサー
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 3,300mAh
その他 microSDカードスロット(最大2TB)
指紋認証センサー
USB Type-C 2.0ポート
急速充電機能
外形寸法 58.67(W) × 77.7(D) × 4.6 ~ 8.95(H) mm
本体重量 170g

「ZenFone AR」の主なスペック

そのほか、スマートフォンとして世界で初めて8GBものRAMを搭載しているほか、「Snapdragon 821」と水冷式の冷却機構を採用しています。

なお、国内ではストレージ容量が64GBまたは128GBの2モデルが発売され、それぞれ8万2800円(税別)と9万9800円(税別)で販売される予定です。

[ASUS via AV Watch]