世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は13日(現地時間)、中国Mazeが登場を予告する新型スマートフォン「Maze Alpha」のスペックについて、新たな情報をリークしました。

先日、Maze Alphaのティザー画像が公開され、公式Webサイトも開設されましたが(過去記事)、そのスペックについては一切の情報が明らかにされていませんでした。

ブラス氏が新たに掴んだ情報によると、フルHD(1920×1080)解像度の6.0インチディスプレイとオクタコアSoCに加え、「Nougat」世代のAndroid OSを搭載する見込みとのこと。

また、バッテリー容量は4000mAhとなるほか、背面部のデュアルカメラにはソニー製のイメージセンサーが採用され、少なくとも一方の画素数については、1300万画素となる模様。

先日公開された「Maze Alpha」のティザー画像

そのほか、標準モデル(4GB RAM + 64GB ROM)と上位モデル(6GB RAM + 128GB ROM)の2モデル展開となる見込みとされています。

なお、気になるMaze Alphaの登場時期についてですが、これまでに有力な情報は一切リークされていません。続報に要注目です。

[Twitter]