韓国サムスンは13日(現地時間)、韓国国内における「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」の先行予約件数が、現地時間12日の時点で72万8000件に達したことを発表しました。

サムスン社長のコ・ドンジン氏は今回、韓国国内におけるGalaxy S8シリーズの予約件数を明らかにするとともに、発売までに100万件を突破させることを目指していることを明らかにしました。

また、米国国内においても、既に「Galaxy S7」シリーズを上回る予約件数を獲得しておおり、詳細な数字こそ発表されなかったものの、同市場からは色好い反応を得ている模様です。

そのほか、同氏は今回、Galaxy S8シリーズの安全性についても言及。「Galaxy Note7」の発火・爆発事故の発生以降、同社が累計30万台にも及ぶバッテリー試験を重ねてきたことを明かし、十分な安全性が担保されていることを強調しました。

なお、Galaxy S8シリーズは、今月21日より韓国、米国および英国において発売される予定であり、おそらくはいずれ国内市場にも投入される見込みです。

[The Investor via SamMobile]