米グーグルは17日(現地時間)、AIを活用したビジュアル検索機能「Google Lens」を発表しました。

新たに発表されたGoogle Lensは、既存のビジュアル検索アプリ「Google Goggles」の “正統進化版” とでも呼ぶべき機能。

Google Lensを利用すれば、カメラで撮影した画像や、あるいは単にカメラで捉えた物体は、Google Assistantの力によって認識され、自動的に検索された関連情報が表示されたり、特定の操作が実行されたりするようになります。

例えば、外国語で書かれた看板やメニューを撮影すると、母国語に自動的に翻訳されたり、何かのイベント告知のポスターや名刺などを撮影すれば、自動的にその情報がカレンダーや電話帳アプリに記入されたり、Wi-Fiの設定情報を写せば、自動的にそのWi-Fiに接続したりなど、その応用性は広範に及ぶ模様。

なお、Google Lensは、将来的にGoogle Assistantに統合される形で実装が予定されています。

[The Keyword via Android Police]