仏DxO Labsは16日(現地時間)、新たに発表された「HTC U11」が、同社の実施するカメラ性能テスト「DxOMark」において、スマートフォン部門における歴代最高得点を更新したことを伝えています。

低照度環境下における解像力の比較画像

DxO Labsによると、同テストにおけるHTC U11の総合スコアは、米グーグルの「Pixel」が保持していた89点を上回る90点を記録したとのこと。90点の大台に乗るのは、スマートフォンとしては今回が史上初。

また、各評価項目の採点結果に目を通しても、全体的に欠点は非常に少なく、完成度の高いカメラであると評価されていますが、上の比較画像を一見するだけでも、その実力の高さがうかがい知れます。

「HTC U11」の静止画撮影性能テストのスコアチャート

なお、HTC U11の「UltraPixel 3」カメラは、全画素を位相差AFセンサーとして利用可能にする「Ultra Speedオートフォーカス」機能を搭載しており、高速かつ精確な合焦を実現しているとのこと。

HTC U11は、米国市場では来月9日に発売される予定ですが、日本市場での発売予定については発表されていません。

動画撮影性能テストのスコアチャート

しかしながら、既に国内のHTCの公式Webサイト上にはHTC U11の製品ページが公開されており、近日中に国内でも発表されることに期待したいところです。

[DxOMark via Android Police]