9to5Macは1日(現地時間)、米アップルが今年6月の開催を予定しているWWDC 2017において、「iPhone 8」を先行発表する見込みと伝えています。

「iPhone 8」のコンセプト画像

英J.P. Morganが発表した最新予測によると、iPhone 8を含む次世代iPhoneシリーズはWWDC 2017で発表され、今年9月以降に発売される見込みとのことです。

仮に予測通りとなったならば、WWDCにおいて新型iPhoneが発表されるのは、「iPhone 4」が発表された2010年以降では初となります。

なお、これまでの大方の予測では、次世代モデルの発表は9月中に行われ、発売は10月または11月頃となる見込みとされていました(過去記事[1][2])。

あまり早くに新製品を発表してしまうと現行製品の買い控えを誘発しかねない、という事実はあるものの、既に並々ならぬ関心と注目が次世代モデルに寄せられていることを思うと、発表のタイミング自体はあまり大きな問題とはならないのかもしれません。

そのほか、WWDC 2017では、「Amazon Echo」と同様に “バーチャルアシスタント(Siri)が統合されたスピーカー” も発表される見込みとのこと。iPhone 8発表の有無とともに、WWDCに関する続報には要注目です。

[9to5Mac[1][2]]