ETNewsは17日(現地時間)、韓国サムスンから近日中の発売が予測されている “改修版” 「Galaxy Note7」が、「Galaxy Note FE」として発売される見込みと報じています。

先日、発火・爆発問題の原因を解消した改修版Galaxy Note7は、「Galaxy Note 7R」として発売される見込みと報じられていましたが(過去記事)、ETNewsによると、実際にはGalaxy Note FEとして市場に投入される見込みとのことです。

Galaxy Note 7Rの末尾に追加された「R」は、「Refurbished(改修済み)」という単語の頭文字とされていましたが、同様に「FE」Fan Edition(ファン向けモデル)」の略称とされています。

その名称から察するに、“諸々の経緯や事情” を知った上で、なおそれでも「Galaxy Note7」を所持したいという生粋のGalaxy Noteシリーズまたはサムスンファンのための製品、といったところでしょうか。

なお、Galaxy Note FE(Galaxy Note 7R)は、早ければ今月中にも韓国国内にて発売される見込みです。

[ETNews via SamMobile]