Redmond Pieは14日(現地時間)、米アップルより先日発表された2機種の新型「iPad Pro」シリーズは、ともに4GBのRAMを搭載していることが判明したと伝えています。

Redmond Pieによると、10.5インチiPad Proの所有者によって、同端末上でGeekbench 4を実行した結果のスクリーンショットが、新たに公開されたとのこと。

RAM容量を示す項目には「3.91GB」と記載されており、10.5インチiPad Proには、4GBのRAMが搭載されていることが判明しました。

また既に、姉妹機である新型12.9インチモデルについても、同様に4GBのRAMが搭載されていることを証明するデータが公開されています。

そして、やはり注目すべきは、マルチコア処理性能の高さでしょうか。

元来「Apple A」シリーズは、高いシングルコア処理性能を誇ってきましたが、最新の「A10X Fusion」プロセッサでは、既報通り(過去記事)マルチコア処理性能が劇的に改善されている模様です。

[Twitter via Redmond Pie via Phone Arena]