The Investorは19日(現地時間)、韓国サムスンが近日中の発売を予告する “改修版”「Galaxy Note7」(過去記事)は、来月7日に発売される見通しと報じています。

「Galaxy Note7」

現在、改修版モデルの発売日については、来月7日と来月30日との間で、情報が錯綜している状況にあります(過去記事[1][2])。

The Investorによると、サムスンは、改修版モデルを来月7日に発売する見通しとのことですが、 これは “77日にGalaxy Note7を再発売する“ ことで、少しでも宣伝効果を高めることを意図してのものであると報じられています。

また、正式名称については、「Galaxy Note7R」あるいは「Galaxy Note FE」になるとも報じられていますが(過去記事[3][4])、仮に今回の報道が正しければ、「7」という数字が含まれている前者の方が、より “相応しい“ のではないでしょうか。

なお、改修版モデルの仕様は、基本的にはGalaxy Note7と同一となる模様ですが、バッテリー容量については3500mAhから3200mAhにまで削減されているほか、新たに「Bixby」が実装される見込みとのことです。

[The Investor via Phone Arena]