News1 Koreaは8日(現地時間)、「Galaxy Note8」には、“ディスプレイ統合型” の指紋認証機能が搭載されないことが判明したと報じています。

「Galaxy Note7」

「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」の発表前、両機種にはディスプレイに統合される形での指紋認証機能の実装が噂されていましたが(過去記事)、実際には、メインカメラの真横という奇妙な位置に指紋認証センサーが配置される結果となりました。

そのため、Galaxy Note8にこそ、同技術が完全な形で実装されることに大きな期待が集まっていましたが、News1 Koreaは今回、韓国サムスンの関係者を通じて、その可能性が明確に否定されたことを報じています。

報道によると、ディスプレイ一体型の指紋認証機能には、現時点において認証精度やセキュリティ性能など、技術的な “壁” が幾つも残されているため、Galaxy Note8への採用を見送ることが最終的に決定されたとのことです。

「Galaxy S8」の背面部

さて、今回の情報が事実であると仮定して、やはり気になるのは、指紋認証センサーの配置についてでしょうか。

はたしてユーザーからの大きな不興を買った “メインカメラの真横” という配置は、Galaxy Note8へと継承されるのか。 続報に要注目です。

[News1 Korea via SamMobile]