NTTドコモ株式会社は5日(日本時間)、「Galaxy S6 SC-05G」および「Galaxy S6 edge SC-04G」に対して、「Android 7.0 Nougat」へのアップデート提供を開始しました。

2015年4月下旬に発売されたGalaxy S6シリーズにも、ついに最新世代のAndroid OSがもたらされることとなりました。

Android 7.0 Nougatへのアップデート後には、新た1画面上で2つのアプリを同時に使用できる「マルチウィンドウ」機能が実装されるほか、アプリ利用中にも、ポップアップ表示される通知領域から、直接メッセージの返信を行うことも可能になります。

また、ロック画面上の通知表示についても、現在のようなテキストではなく、アイコンが代わりに表示されるようになり、よりすっきりとしたデザインへと変更されました。

そして、「Android 6.0 Marshmallow」で導入された省電力機能にさらに磨きがかけられたほか、設定メニューのUIデザインも、よりシンプルで使い勝手の良いものへと刷新されています。

なお、今回のアップデートでは、「アプリをアンインストールした際に、稀に端末が再起動してしまう」不具合も解消されている模様。さらに、米グーグルから2017年4月に提供されたセキュリティパッチも適用されているとのことです。

[NTTドコモ株式会社[1][2] via ケータイ Watch]