GizChinaは15日(現地時間)、中国Vivoが、「ディスプレイ一体型指紋認証センサー」を搭載するスマートフォンを発売する世界初の企業になる見込みと伝えています。

今回新たにリークされた映像の中では、Vivoによって開発された新型スマートフォンの試作機とされる端末が、実際に動作する様子が確認されました。

端末の筐体には、ホームボタンや専用の指紋認証センサーらしき姿は一切見当たらず、ただディスプレイ上に表示された “指紋のようなマーク” をタッチすることで、端末のロックが解除されているように見受けられます。

米アップルや韓国サムスンなども、次世代フラッグシップモデルに、ディスプレイ一体型の指紋認証センサーの採用を計画している模様ですが、GizChinaは今回、世界で初めて同技術の製品化に成功するのは、Vivoとなる可能性を指摘。

今月28日には、MWC Shanghai 2017が開幕を迎えますが、この新型スマートフォンもその場にて正式発表、あるいはデモ機などが展示されることになるかもしれません。続報に要注目です。

※動画は下記リンク(左)からご覧ください。

[Weibo via GizChina via GSMArena]