DroidHolicは6日(現地時間)、韓国サムスンの従業員によって、「Galaxy S8 mini」の存在が否定されたことを伝えています。

中国の有名な情報筋として知られる萌萌的电教氏によると、同氏は今回、サムスンのエンジニアを通じて、Galaxy S8 miniという端末が実在しないことを確認したとのことです。

なお、同機種は、4.7インチまたは5.3インチの「Infinity Display」と「Snapdragon 821」、4GBのRAMや1200万画素のメインカメラを搭載する端末になると噂されていましたが、今回その存在自体が否定される形となりました。

「Galaxy S5 mini」以降、Galaxy Sシリーズからコンパクトモデルは登場していませんが、Galaxy S8シリーズでのデザイン刷新に合わせて、コンパクトモデルが復活を果たすことに期待したいところです。

[Twitter via DroidHolic via Phone Arena]