Softpedia Newsは8日(現地時間)、米マイクロソフトが現在、新たな「Windows 10 Mobile」端末の開発に取り組んでいることを伝えています。

Softpedia Newsによると、この新型端末は、「Surface」シリーズの開発部門ではなく、「HoloLens」の開発部門を統括するアレックス・キプマン氏の主導の下で開発される見込みとのことです。

また今回、ARM版「Windows 10」が実装されるほか、「CShell」と呼ばれるクロスプラットフォームUIが採用される可能性があることも指摘されました。

なお、製品自体は “プレミアムモデル” に位置付けられ、早くとも2018年までは登場しない見通しとのことです。

今やすっかり影を潜めてしまっている「Windows 10 Mobile」ですが、かつての「Surface」シリーズがそうであったように、この新型端末が意欲的かつ実用的な製品となれば、他社を巻き込んで再興を果たすことも夢ではないかもしれません。

[YouTube via Softpedia News via Phone Arena]