Bloombergは12日(現地時間)、米Razerが、新型スマートフォンの開発計画を始動させたことについて報じています。

Bloombergによると、同社は香港市場において新規株式を公開し、企業評価額を30億~50億ドル(約3400~5600億ドル)にまで押し上げることを計画しており、調達された資金は、新型スマートフォンの開発に投じられる見込みとのことです。

なお、同社は今年1月に、「Nextbit Robin」の開発元として知られる米Nextbit Systemsを買収しており、既にスマートフォン開発に関するノウハウを手にしている状態にあります。

また、同社を支援する企業の中には米Intelも連ねており、あるいはこの新型スマートフォンには、Intel製プロセッサが採用されることになるかもしれません。

これまでに、数多くのゲーマー向けのPC周辺機器や、高性能な薄型ノートPC製品を数多く世に送り出してきたRazerですが、はたして新型スマートフォンは、どのようなコンセプトの製品として発売されることとなるのでしょうか。

[Bloomberg via Neowin]