Varietyは27日(現地時間)、米EssentialのUX(ユーザーエクスペリエンス)部門を統括していたリーロン・ダミール氏が同社を退社し、新たに米グーグルに幹部として迎え入れられたことを伝えています。

Phone Arenaによると、既にEssentialは、今月下旬までにブライアン・ウォレス氏とアンディ・フーシェ氏の両名を失っており、今月中に同社を離れた幹部は、ダミール氏で3人目とのこと。

なお、同社は先日、計画に遅れの生じている「Essential PH-1」について、数週間以内に出荷を開始することを発表しました(過去記事)。

しかしながら、わずか1ヶ月足らずの間に起こった “幹部の退社ラッシュ” を見るに、同社内部で現在、何かしらの問題や不和が発生していることを疑いたくなってしまいます。

Essential PH-1については、国内発売の可能性も噂されているだけに(過去記事)、ネガティブな憶測がすべて単なる杞憂に終わることを願うばかりです。

[LinkedIn via Variety via Phone Arena]