世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は26日(現地時間)「Huawei Mate 10」には、「Marcel」という開発コードネームが与えられていると伝えています。

Marcelというコードネームの由来については不明ですが、直近の情報によると、Huawei Mate 10には、新型SoC「Kirin 970」が搭載される見通しとのことです。

また、18:9(2:1)というアスペクト比を持つ6.1インチ「EntireView Display」や、独ライカと共同で開発された1200万画素デュアルカメラなども搭載されると見られています。

なお、Huawei Mate 10は、2017年10月16日に独ミュンヘンにて発表される予定です(過去記事)。

[Twitter via Phone Arena]