米グーグルは21日(現地時間)、「Android OS」の次期バージョン「Android 8.0 Oreo」を発表しました。

グーグルによると、Android 8.0 Oreoは、”シリーズ史上最も賢く、速く、パワフルなOS” に仕上げられているとのこと。

OS起動時間の短縮や全体的な処理実行の最適化に加え、「ピクチャーインピクチャー(PIP)」機能の実装によるマルチタスク性能の強化や、「Google Play Protect」と呼ばれる新機能によるセキュリティ機能の強化などが図られています。

また、新機能「Autofill」が実装されたことで、各種アプリなどへのログインパスワードなどの情報をユーザーの許可に基づいて記憶し、手動で入力する手間を省いてくれるようになりました。

そして、Android 8.0 Oreoがもたらす重要な進化として、バッテリー管理の改善が挙げられます。バックグラウンドで動作するアプリの消費電力を常に最適化し、さらなるバッテリーライフの実現を可能にしたとされています。

そのほか、「Notification Dots」もさらなる進化を遂げ、通知内容の確認と実行する操作の選択が可能に。また、絵文字のデザインについても刷新されるとともに、多くの新たな絵文字が追加されました。

なお、同社によると、Android Oreoは近日中にも順次リリースが開始され、年末までには韓国サムスン、韓国LG、台湾HTC、ソニー、中国ファーウェイ、京セラ、米モトローラ、シャープ、米Essential、HMD Globalの一部製品に対する同OSの提供が完了する予定とのことです。

[The Keyword via Phone Arena]