安卓中国は29日(現地時間)、中国ファーウェイの次世代フラッグシップファブレット「Huawei Mate 10」シリーズには、「Android 8.0 Oreo」が実装される見通しと伝えています。

安卓中国によると、今回新たに一部の中国国内のユーザーに対して、クローズドベータ版「EMUI 6.0」への更新を含むシステムアップデートの提供が開始されたとのことです。

また、その更新内容の項目には、同UIがAndroid 8.0を基盤としたカスタムUIであることが明記されていました。

EMUI 6.0は、Huawei Mate 10シリーズに初めて実装される可能性が有力視されていますが、同シリーズは、2017年10月16日に発表される見通しです(過去記事)。

実際にHuawei Mate 10とEMUI 6.0が同時に登場するかは分かりませんが、かつて「Huawei Mate 9」が、初の「EMUI 5.0」搭載機として発表されたことを思うと、今回も “そう” なっても不思議ではありません。続報に要注目です。

[安卓中国 via Playfuldroid via Phone Arena]