Ars Technicaは25日(現地時間)、次世代Pixelシリーズのうち、大型モデルについてのみべゼルレスデザインが採用される見込みと伝えています。

Ars Technicaによると、「Pixel」および「Pixel XL」の後継機種は、それぞれ台湾HTCと韓国LGによって製造されるため、端末のデザイン自体も両者間で大きく異なっているとのこと。

具体的には、次世代Pixelが、現行モデルと同様に幅広のべゼルデザインを採用する5インチ程度のスマートフォンとなる一方で、次世代Pixel XLについては、べゼルレスデザインに仕上げられた6インチ程度のファブレットになる見込みとされています。

なお、「次世代Pixelシリーズは、それぞれ異なる企業によって開発されている」という情報自体は、既に過去に報じられるところでしたが、仮に今回の情報が事実だとするならば、大なり小なり物議を醸すこととなりそうです。

[Ars Technica via Phone Arena]