Phone Arenaは15日(現地時間)、MWC 2018において、ソニーがまったく新しいデザインコンセプトを採用した新型スマートフォンを発表する見込みと伝えています。

「Mirai」デザインを採用した「Xperia XZ1 Premium」のコンセプト画像

2013年に発表された初代「Xperia Z」に初めて導入されて以来、最新モデル「Xperia XZ1」に至るまでおよそ丸4年半以上もの間、Xperiaシリーズは「オムニバランスデザイン」と呼ばれるデザインコンセプトに則って進化してきました。

しかしながら今回、Phone Arenaが伝えるところによると、ソニーはついにオムニバランスデザインから脱却し、「Mirai(未来)」と銘打った新たなデザインコンセプトを採用することを決定。

さらに、このMiraiデザインを採用した新型スマートフォンを、来年2月下旬から3月初旬にかけて開催予定のMWC 2018にて発表する見込みとのことです。

なお、デザイン自体の是非や個人の好みの問題はさておき、ベゼルレス化が主流となっている現在のスマートフォン業界において、逞しいベゼル部が特徴的なオムニバランスデザインは “時代遅れ” になりつつあると言えます。

改良を重ねながらではあるものの、既にデザインが大きく変わり映えしないまま5年近く経過していることを考えるに、もはやいつXperiaシリーズのデザインコンセプトが刷新されてもおかしくはないのかもしれません。続報に要注目です。

[Esato Forums via Phone Arena]