HotHardwareは13日(現地時間)、中国OnePlusの次世代フラッグシップスマートフォン「OnePlus 5T」とされる端末の画像が、新たにリークされたことを伝えています。

先日、米国の公式オンラインストア上におけるOnePlus 5の在庫が完全に品切れとなっており、近日中に後継機種が発表される可能性が指摘されていました(過去記事)。

新たにリークされた画像を見ると、現行モデル「OnePlus 5」からかなり大幅なベゼルレスデザイン化が図られており、おそらくはディスプレイのアスペクト比についても、16:9から18:9(2:1)へと変更されているものと推察されます。

「OnePlus 5」

その変わり様からすると、マイナーチェンジを連想させるOnePlus 5Tよりは、むしろメジャーチェンジモデルに値する「OnePlus 6」という名称の方が相応しいように思えますが、画像をリークした人物によると、この端末の名称はOnePlus 5Tとのこと。

なお、2016年6月に「OnePlus 3」が発表された後、同年11月にはマイナーチェンジモデル「OnePlus 3T」が登場していることを踏まえるに、OnePlus 5Tも来月中に発表されることとなりそうです。

[Slashleaks via HotHardware via Neowin]