Phone Arenaは8日(現地時間)、米マイクロソフト幹部のジョー・ベルフィオーレ氏によって、同社のモバイル向けOS「Windows 10 Mobile」の今後の展望が明らかにされたことを伝えています。

Windows Phone開発における重役として知られるベルフィオーレ氏は今回、Windows 10 Mobileについて、「新機能および新ハードウェアの開発は関心の外にある」ことをTwitter上で明言しました。

以下は、同氏の今回の発言(原文ママ)。

Of course we’ll continue to support the platform.. bug fixes, security updates, etc. But building new features/hw aren’t the focus.(もちろん、不具合の修正やセキュリティアップデートの提供など、プラットフォームのサポートは続けていく。しかしながら、新たな機能やハードウェアの開発については、関心の外にある)

邪推するならば、事実上のWindows 10 Mobileプラットフォームの終焉が宣言されたとも取れますが、同氏があくまでも ”現時点での話” をしているのであるとすれば、今後同社の関心が新機能や新たなハードウェアの開発へと向かう可能性も皆無ではありません。

いずれにせよ、近い将来にWindows 10 Mobileに大きな進化や刷新がもたらされる予定はないことが明言されたのは事実であり、また間接的に「Surface Phone」が近日中に登場する可能性が否定される形ともなりました。続報に要注目です。

[Twitter[1][2] via Phone Arena]