GSMArenaは12日(現地時間)、米マイクロソフトのWebブラウザ「Microsoft Edge」が、Google Playストア上でも配信が開始されたことを伝えています。

マイクロソフトは先日、Android OSプラットフォームに先駆けて、iOSプラットフォーム向けにMicrosoft Edgeアプリの提供を開始しましたが(過去記事)、既にダウンロード件数が規定件数に達したため、現在は配信が停止されています。

なお、今回配信が開始されたAndroid OS版アプリも、iOS版と同様に開発中のベータ版ですが、同社によると、ユーザーからのフィードバックが今後のアップデート内容に反映される予定とのこと。

また、正式版のリリース時期については明らかにされていませんが、両プラットフォームには、既にそれぞれ「Google Chrome」と「Safari」という強力なデフォルトブラウザが存在している以上、多少時間を掛けてでもより完成度の高いブラウザとして登場させた方が、結果として多くのユーザーを獲得できそうです。

[マイクロソフト via GSMArena / Google Playストア]