モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社は20日(日本時間)、同社が今年8月上旬に発表した最新ミッドレンジスマートフォン「Moto G5S」を、正式に国内市場において発売しました。

同社は今月6日、姉妹機となる「Moto G5S Plus」について国内販売を開始していましたが、遅れること2週間、ついにMoto G5Sの販売も開始されました。

ミッドレンジモデルとしては必要十分なスペックを備えているほか、筐体は完全に金属素材製となっており、高級感のある外観に仕上げられています。

以下は、Moto G5Sの主なスペック。

OS Android 7.1.1 Nougat
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)IPS液晶ディスプレイ
SoC Qualcomm 1.4GHz 64-bit オクタコア Snapdragon 430
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,600万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレス Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
NFC
バッテリー 3,000mAh
その他 microSDカードスロット(最大128GB)
Micro USBポート
指紋認証機能
デュアルSIM機能
カラーバリエーション ルナグレー
ファインゴールド
オックスフォードブルー
外形寸法 150.0(W) × 73.5(D) × 8.24(H) mm
本体重量 157g

なお、モトローラの公式オンラインストア上における販売価格は、4万1904円(税込)。そのほか、MVNOなどを通じても販売されるとのことです。

[moto store via Twitter]