Versusは11日(現地時間)、ノキアの未発表フラッグシップスマートフォン「Nokia 9」のレンダリング画像を、新たに公開しました。

今回の3Dレンダリングモデルを制作したのは、スティーブ・ヘミストーファー氏。今回は明言されてはいませんが、おそらくはご多分に漏れず、独自に入手したCADデータを基に制作されているものと推察されます。

レンダリングモデルを見る限りでは、「Galaxy S8」シリーズと同様に、ディスプレイの左右両辺は緩やかに曲面を描いているほか、上下ベゼル幅についても「Nokia 8」よりは削られている印象です。

また、ヘミストーファー氏によると、Nokia 9の外形寸法はおおよそ140.9(W) × 72.9(D) × 7.5(H) mm。ただし、背面カメラの出っ張りまでを含めた場合、端末の厚みは8.9mmになるとのこと。

以下は、今回Versusが伝えるNokia 9の主なスペック。

ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440)AMOLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 64 / 128GB
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,200万画素 または 約1,300万画素 × 2基)
その他 指紋認証センサー
OZO Audio
外形寸法 140.9(W) × 72.9(D) × 7.5~8.9(H) mm

現在のフラッグシップスマートフォンとしては一般的なスペックであると言えますが、特筆すべきは「OZO Audio」技術が実装される点でしょうか。

OZO Audioは、ノキアが開発する最新の立体音響技術であり、スマートフォン上で高度な立体音響の再生を実現する技術となりますが、過去にも同技術が、Nokia 9に実装される可能性が噂されています(過去記事)。

また、Nokia 9には虹彩認証機能が搭載されるとも噂されていますが、Versusによると、、ノキアは実験的な新システムよりも、実績を積み重ねてきた指紋認証機能の方を採用する見込みとのこと。

なお、Nokia 9の発表時期について確かなことは判明していませんが、近日中の登場を願いつつ、続報に期待したいところです。

[Versus via Twitter]