韓国サムスンは11日(現地時間)、2種類の新型イメージセンサー「ISOCELL Fast 2L9」および「ISOCELL Slim 2X7」を発表しました。

「ISOCELL Fast 2L9」

同社のISOCELLシリーズは、ダイナミックレンジに秀でる「Bright」、合焦速度に優れる「Fast」、薄型カメラモジュール向けの「Slim」およびデュアルカメラモジュール向けの「Dual」の計4つに大別され、今回新たに発表された2製品は、それぞれFastとSlimシリーズに属する新型モデルとなります。

プレスリリースによると、ISOCELL Fast 2L9は、1つの画素が独立した2つのフォトダイオードで構成される1200万画素のデュアルピクセルセンサーであり、画素ピッチは従来モデルの1.4μmから1.28μmへと狭められており、薄型端末への搭載により適した形へと進化を遂げたとのことです。

一方で、画質面での進歩に関しては言及されていませんが、同社の先進技術が導入されているとのことであり、おそらくは従来モデルと同等以上の画質は実現しているものと推察されます。

「ISOCELL Slim 2X7」

そして、ISOCELL Slim 2X7は、業界で初めて1.0μmを下回る画素ピッチ(0.9μm)を実現したとされており、画素数も2400万画素と、スマートフォン向けイメージセンサーとしてはかなりの高画素を誇っています。

また、最新のISOCELLセンサー技術により、0.9μmという狭い画素ピッチであるにもかかわらず、混色(クロストーク)の発生を防ぎつつも、各画素に最大限まで光を取り込むことを可能にしているとのこと。

さらに、低照度環境下では、4つの画素を1つの画素として扱い画質の向上を図り、通常の照明環境下においては、2400万画素をすべて活用した高解像度の画像を撮影可能にする「Tetracelll」と呼ばれる技術も実装されました。

なお、両製品の実用化の時期については発表されませんでしたが、その仕様を見るに、あるいはISOCELL Fast 2L9の方については、来春頃に登場予定の「Galayx S9」シリーズに搭載される可能性もありそうです。

[サムスン via Phone Arena]