The Korea Heraldは12日(現地時間)、韓国サムスンが近日中にも、バーチャルアシスタント「Bixby」の次期バージョンを発表する見通しと報じています。

The Korea Heraldによると、同社は今回、Bixbyの開発を行う部門のトップに新たな幹部を任命したほか、今月18日に米サンフランシスコにて開催する年次カンファレンスにおいて、同社のバーチャルアシスタントの次期バージョン「Bixby 2.0」を発表する見通しとのことです。

なお、Bixby 2.0という名称は、以前に同社のコ・ドンジン社長の口から明らかにされており、同バージョンでは、サードパーティ製のサービスや製品との連携が可能になる見通しとされています。

現行バージョン(Bixby 1.0)は、決して市場から色好い反応を得られているとは言い難い状況にありますが、はたしてBixby 2.0の登場により旗色は変わるのでしょうか。

[The Korea Herald via GSMArena]