Moibilissimoは13日(現地時間)、生産設備から流出した「Galaxy S9」のCADデータとされる画像を、新たにリークしました。

CADデータロ見る限りでは、デュアルカメラは「Galaxy Note8」に採用されている水平式から垂直式へと刷新。

「誤ってカメラレンズを触ってしまう」など、使い勝手の悪い配置に対する大きな不満と改善の声が集まることとなった指紋認証センサーについても、カメラモジュール直下へと位置替えが行われている模様です。

一方で、正面部については、「Galaxy S8」シリーズやGalaxy Note8から目立った変化は見られません。上下のベゼル部がさらに狭くなっているようにも見受けられますが、「Infinity Display」を中心としたベゼルレスデザインは、そのまま継承されています。

なお、直近の情報によると、Galaxy S9シリーズは、「Exynos 9 Series 9810」または「Snapdragon 845」を搭載し、早ければ2018年1月中にも発表される見込みとのこと。

また、「ディスプレイ一体型指紋認証センサー」の実装は見送られる見通し(過去記事)ですが、その代わりに、「iPhone X」に採用された「Face ID」と同様の3D顔認証機能が、新たに搭載される可能性も指摘されています(過去記事)。

[Weibo via Mobilissimo via Phone Arena]